コミュニティハウス未来

トップに戻る

共同生活援助事業所(グループホーム)

家事支援

共同生活援助事業所(以下グループホーム)とは、「病院を退院したが、一人暮らしをすることに自信がない」「家事や金銭のやりくりが自分で出来るようになりたい」「将来のことを考えて、色々なことが自分ひとりで出来るようになっておきたい」と思われる方に対して、共同生活を営む住居において、社会復帰と自立を図ることを目的に入居者一人一人の希望される生活に向けた支援を提供します。

■利用対象者

精神障害等がある方で地域において自立した日常生活を営む上で、日常生活上の援助が必要な方。また当事業所入所後、日中活動参加が可能な方。(食事や入浴等の介護や相談等の援助が必要な方もご利用いただけます。)

■支援内容

  • 日常生活能力の維持・向上として:「健康管理・服薬管理・金銭管理の援助」「緊急時の応急対策等」
  • 相談援助・日常生活指導として:「コミュニケーション能力向上のための支援」「余暇活動の支援」「社会生活に必要な技術の支援」
  • 「食事、掃除、買い物、洗濯の支援」については、希望に応じて相談や解決方法を一緒に考えたり、必要に応じて付き添いにて支援を行ないます。

■行事等

グループホームの入居者の方で構成された独自の自治会があり、回覧板で連絡事項を周知したり、集会を行いさまざまな問題や要望等を入居者の方が主となって話し合う場を設けています。
清掃
掃除当番を決めて、廊下やホール等共用部分の清掃を行なっています。
季節に応じた食事会・外出・イベント参加
弐番館との合同忘年会、新年会等、季節ごとに入居者の方みんなで食事を作り食べる行事があります。
家庭菜園 清掃
居室

■居室の設備

ミニキッチン・バス・トイレ・洗面台・ベッド・収納・エアコンが完備されています。
その他家具等は個人で持ち込みが可能です。

共用部分の設備
洗濯機・乾燥機(有料)、交流室

■利用料

利用料(居室利用料23,000円(201号室 35,000円)・共用部分使用料5,000円)
障害福祉サービス利用料
傷害保険料(任意加入となります。)
その他食費等の生活費が必要となります。(詳しくはお問い合わせください。)
※障害福祉サービス利用料は個人によって異なり、自己負担上限額が設けられています。
例)生活保護を受給されている方は0円。
例)障害基礎年金2級を受給されている方で一定額以下の貯金、財産のある方は0円。

■定員

22名

■利用期限

利用期限は基本的にはありませんが、地域での生活を実現出来るような支援を行っていきます。

■その他

入居前にトライアル(体験入所)制度を設けております。詳しくはお問い合わせください。